最小の労力で合格を勝ち取るための「電気工事施工管理技士科目別攻略優先順位表

 できるだけ無駄なく確実に合格を勝ち取るためには、試験の内容を知ることが非常に大切です。
 これは簡単なデータ分析ですが、最小時間と最小労力で合格するための科目別の攻略優先順位表です。
 施工管理技士の試験では、すべての出題問題の解答が要求されるわけではなく、科目によって出題数とそれに対する解答の要求数が異なっています。
 当たり前のことですが、試験では科目毎の出題に対する解答要求率の高いものほど重要になってきます。
 また、全体の必要解答数に対する解答占有率の高いものほど重要であり、これを無視したのでは合格は完全に遠のいてしまいます。
 ここでは、科目毎に解答要求率と解答占有率を乗じて、スコアとして評価点を出してみました。
 もちろん、スコアが高いものほど学習優先順位が高くなります。
 スコアが最大のものと、最低のものを比較すると、スコアが最大のものは最低のものの何倍重要かということも明確になってきます。
 どうぞみなさん、この表を活用され、最低の時間と労力で確実に合格を勝ち取りましょう!


☆☆1級電気工事施工管理技士科目別分析☆☆

区分 出題科目 出題数@ 解答数A 解答要求度C
A÷@×100
解答占有率D
A÷B×100
スコア
C×D
学習優先順位
電気工学  ★問題No.1〜No.15まで該当。
 電気理論(5題出題)
 電気機器(3題出題)
 電力系統(4題出題)
 電気応用(3題出題)
15題出題 10題解答 66.7% 16.7% 1,113.89 4位
電気設備 ★問題No.16〜No.48まで該当。
 発電設備(2題出題)
 変電設備(1題出題)
 送配電設備(9題出題)
 構内電気・電気通信設備(16題出題)
 電車線(3題出題)
 その他の設備(2題出題)
33題出題 15題解答 45.4% 25% 1,135 3位
関連分野 ★問題No.49〜No.56まで該当。
 機械設備(2題出題)
 土木関係(4題出題)
 建築関係(2題出題)
8題出題 5題解答 62.5% 8.3% 518.75 6位
「午前の部」の問題 合計 58題出題 30題解答 51.7% 50% 2,585
関連分野 ★問題No.57〜No.58まで該当。
 設計・契約関係(2題出題)
2題出題 2題解答 100% 3.3% 330 7位
施工管理法 ★問題No.59〜No.67まで該当。
 工事施工(9題出題)
9題出題 6題解答 66.7% 10% 667 5位
施工管理法 ★問題No.68〜No.79まで該当。
 施工計画(3題出題)
 工程管理(3題出題)
 品質管理(3題出題)
 安全管理(3題出題)
12題出題 12題解答 100% 20% 2,000 1位
法 規 ★問題No.80〜No.92まで該当。
 建設業法(3題出題)
 電気事業法等(3題出題)
 建築基準法等(3題出題)
 労働安全衛生法等(3題出題)
 その他関連法規(1題出題)
13題出題 10題出題 76.9% 16.7% 1,284.23 2位
「午後の部」の問題 合計 36題出題 30題解答 83.3% 50% 4,165
出題合計  全体出題・解答合計 92題出題 60題解答B 65.2% 100%



☆☆2級電気工事施工管理技士科目別分析☆☆

(1) 学科試験問題(午前の問題)の分析内訳

区分 出題科目 出題数@ 解答数A 解答要求度C
A÷@×100
解答占有率D
A÷B×100
スコア
C×D
学習優先順位
電気工学  ★問題No.1〜No.9まで該当。
 電気理論(3題出題)
 電気機器(2題出題)
 電力系統(2題出題)
 電気応用(2題出題)
9題出題 6題解答 66.7% 15% 1,000.5 4位
電気設備 ★問題No.10〜No.29まで該当。
 発電設備(1題出題)
 変電設備(1題出題)
 送配電設備(6題出題)
 構内電気・電気通信設備(10題出題)
 電車線(1題出題)
 その他の設備(1題出題)
20題出題 10題解答 50% 25% 1,250 3位
関連分野 ★問題No.30〜No.35まで該当。
 機械設備(1題出題)
 土木関係(4題出題)
 建築関係(1題出題)
6題出題 3題解答 50% 7.5% 375 6位
関連分野 ★問題No.36が該当。
 設計・契約関係(1題出題)
1題出題 1題解答 100% 2.5% 250 7位
施工管理法 ★問題No.37〜No.43まで該当。
 工事施工(7題出題)
7題出題 4題解答 57.1% 10% 571 5位
施工管理法 ★問題No.44〜No.51まで該当。
 施工計画(2題出題)
 工程管理(2題出題)
 品質管理(2題出題)
 安全管理(2題出題)
8題出題 8題解答 100% 20% 2,000 1位
 法 規 ★問題No.52〜No.62まで該当。
 建設業法(2題出題)
 電気事業法等(3題出題)
 建築基準法等(2題出題)
 労働安全衛生法等(3題出題)
 その他関連法規(1題出題)
11題出題 8題解答 72.7% 20% 1,454 2位
学科試験の問題 合計 62題出題 40題解答 64.5% 100%


(2) 実地試験問題(午後の問題)の分析内訳

 実地試験は大きな問題で3問出題され、学科のようにマークシート方式ではなく、記述式で全問解答が要求されます。
 したがって、上記のような分析はできませんが、出題される内容は次のようになっています。
 @施工経験記述問題
 A施工管理法の問題
 B法規の問題

 まず、@の施工経験記述問題は、書けていませんと施工経験が疑われます。
 その結果、受験資格がないと見なされ、失格となりますので、必ず記述する必要があります。
 Aの施工管理法の問題は、2つからなります。
 1つは、電気工事の用語の説明問題です。
 これは出題された問題のうち、指定された分(通常は4課題)の用語を説明するというものです。
 2つ目は、工程管理や安全管理、品質管理の問題の中から出題されます。
 内容的には学科試験で学習した内容とだぶりますが、出題の仕方は様々です。
 Bの法規の問題は、実地試験の中では最も容易に解くことができます。
 建設業法の問題は必ず出題されますが、これに労働安全衛生法や労働基準法の問題が加わる場合があります。
 これも学科試験と内容的には同じなので、学習する際にはこれらの科目については、特に念入りに習得しておく必要があります。