1級管工事施工実地試験問題No.1(主に衛生設備)

出題の内容 (参考NOTE)
13 (1)温水配管系統図
(2)空調機械室まわりの消音対策
(3)給水施設の揚水配管系統図
(4)排水・通気管系統図
(5)屋内消火栓設備の配管系統図
(1)温水ボイラーの出口側に仕切り弁を取り付けない。
(2)消音チャンバーは風量調節ダンパー(VD)の下流側に設置する。
(3)揚水ポンプ出口側は仕切り弁ではなく逆止弁を設ける。
(4)通気管の最下部は、最低位の排水横枝管が排水立て管に接続された部分よりもさらに下側で排水立て管に接続する。
(5)ポンプ性能試験用の配管設備をポンプ出口側と水槽との間に設置する。
12 (1)通気管の大気開口部位置
(2)ドロップ升の配置図
(3)排水横枝管に接続する器具配水管図
(4)排水・通気管図 
(5)汚水槽・湧水槽の構造
(1)通気管の大気開口部は、空調用外気取入口から水平に3m以上か、垂直に60cm以上離す。
(2)T字管形掃除口付きドロップ升を設置し、底部のインバート高さを合わせる。
(3)排水横枝管内の排気を考慮して、器具配水管の接続箇所は上からではなく横からとする。
(4)ループ通気管は、排水系等の最上位のあふれ縁の150o以上上方を横走りさせて通気立て管に接続する。
(5)汚水槽と湧水槽を連通管で接続せず、通気管はそれぞれ単独に立ち上げる。
11 (1)排水通気管図
(2)給湯配管系統図
(3)排水タンクへの排水通気管図
(4)消火ポンプ回りの配管要領図
(5)洗面器の取付図
(1)通気立て管と排水立て管の接続部は、最低位の排水横枝管が接続された下側で45°以内の角度で立ち上げる。
(2)給湯管には逃し配管を設置する。
(3)汚水タンクへの流入管は、排気を考慮して上部が開口されたT字型のものを使用する。
(4)呼び水槽にはポンプの締切運転時の水温上昇防止のための逃し配管を設ける。
(5)洗面器取付ボルト部をモルタル詰めし、堅固に取り付ける。
10 (1)ループ通気管を排水横管から取り出し、通気管どうしを床下で接続する。
(2)汚水槽の底を防水モルタルで水平に仕上げる。
(3)通気管末端の開口部を出入口・窓より50cm以上立ち上げる。
(4)上水受水タンクの上部に、点検スペースを60cm以上確保する。
(5)硬質塩化ビニルライニング鋼管を高速砥石切断機によって切断する。
(1)→排水が入らないように通気するには排水系等の最上流の器具配水管の下流直後から立ち上げ、最高位のあふれ縁よりも150o以上上方を横走りさせて通気立て管に接続する。
(2)→汚水槽の底はピットに向かって1/15以上1/10以下の勾配を設ける。
(3)→通気管末端は出入口・窓より60cm以上立ち上げるか、水平に3m以上離す。
(4)→受水タンクの上部は1m以上、周囲及び下部は60cm以上の点検スペースを確保する。
(5)→熱が生じにくいよう金鋸、帯鋸等の切断器具を使用する。
(1)土中埋設される水道用内外面ライニング鋼管の外面被覆の保護対策
(2)給水引き込み管の地下外壁防水部貫通箇所の処理工法
(3)FRP製高置水槽と給水配管の接続部分の地震時における破断防止対策
(4)上水と排水再利用との誤配管接合の防止対策
(5)鋼製給湯ボイラーと給湯用銅配管の接続部分の防食対策
(1)→専用工具で施工し、損傷部分には保護テープ巻きを行う。
(2)→つば付きスリーブを使用し、貫通部のすき間をシーリング剤でシールする。
(3)→地震時の振動部分をフレキシブルジョイントで施工する。
(4)→管種を変更したり、色分けを実施する。
(5)→絶縁継手を使用する。
(1)多翼送風機の特性曲線
(2)渦巻きポンプの特性曲線
(1)→発生騒音曲線と圧力曲線を答える。
(2)→回転速度曲線、効率曲線、軸動力曲線を答える。
(1)汚水タンクの施工要領図
(2)給水タンクの施工要領図
(3)給水設備の施工要領図
(4)排水設備の施工要領図
(5)通気管の施工要領図
(1)汚水槽の底部に吸込みピットを設ける。
(2)給水タンクの上部には、飲料水を汚染するおそれのあるものを設けない。
(3)和風大便器のフラッシュ弁には、逆流防止のためのバキュームブレーカを設ける。
(4)雨水排水立て管は、汚水排水立て管や通気管と兼用したり、連結しない。
(5)通気管開口部は、窓等の開口部から上方に60cm以上離すか、水平に3m以上離して開口する。
(1)多翼送風機性能曲線図
(2)軸流送風機性能曲線図
(3)うず巻ポンプ性能曲線図
(4)射流ポンプ性能曲線図
(5)軸流ポンプ性能曲線図
(1)多翼送風機の圧力曲線は、風量が最小の時最大であり、いったん下がってからまた上下する特性を持つ。
(2)軸流送風機は、風量が最小の時軸動力が最大になる。
(3)うず巻ポンプの揚程は、いったん上昇してから下降する特性を持つ。
(4)斜流ポンプに限らず、効率は水量の上昇に伴っていったん上昇し、やがて下降する。
(5)軸流ポンプに限らず軸流機は、水量(風量)最小の時、揚程(圧力)が最大になる。
建物の屋上に冷却塔を設置する際の留意事項5問。
問題文を読み、適切か否かを答え、不適切なものは理由を記述。
(1)冷却塔は、空調用外気取入口から離して設置する。
(2)冷却塔は、煙突から離して設置する。
(3)高置タンクから水の補給を受ける場合、高置タンクの水位を3m以上高くなるよう冷却塔を設置する。
(4)冷却効果を考慮して、吸入口を防音壁の間隔を冷却塔高さの半分以上確保する。
(5)冷却水管、補給水管の接続部はフレキシブルジョイントを設ける。
施工要領図5問。適切か否かを判断し、不適切なものは理由を記述。
(1)空気調和機冷温水コイル回り三方弁装置
(2)ボイラーの周囲空間
(3)自然排気式排気トップの設置位置
(4)ボタンパンチスナップはぜの構造図
(5)一般RC造における貫通スリーブの位置図
(1)空気調和機冷温水コイル回りは、二方弁でも三方弁でも下から温水を入れて上から排出する。
(2)ボイラーは液体燃料タンクから2,000o以上離す。
(3)自然排気式排気トップの設置位置は、屋根面から60cm以上上方に突き出す。
(4)ボタンパンチスナップはぜには、挿入後抜けないようにするためのパンチのつめが付いている。
(5)RC造の貫入スリーブの孔を並列に設ける場合、はりせいの中心部付近で、はりの端部からはりせいの1.2倍以上離れた位置に、はりせいの3分の1以下の円孔で開口し、その中心間隔は、平均口径の3倍以上とする。
施工要領図5問。適切か否かを判断し、不適切なものは理由を記述。
(1)0.2MPa中圧蒸気の巻末トラップ回り配管図
(2)送風機の吸込み側ダクト
(3)冷却塔回り配管
(4)ベルト駆動送風機と電動機の位置関係図
(5)冷温水配管の偏心継手の使い方
(1)蒸気管から環水主管への環水は、ドレンが逆流しないよう環水主管の上部へ接続する。
(2)送風機の吸込み側ダクトは、曲がり部の角度を緩くし、ベルマウスで接合する。
(3)冷却塔の冷却水ポンプは、冷却塔の水位よりも下方に設置する。
(4)ベルト駆動送風機と電動機は、同一架台上に設置する。
(5)冷温水配管の偏心継手は、空気だまりが生じずに水が流れやすいよう先上がり勾配では上端面を直線に、先下がり勾配では下端面を直線に配管する。
施工要領図5問。適切か否かを判断し、不適切なものは理由を記述。
(1)自動巻取エアフィルターの設置図
(2)ダクトの拡大及び縮小
(3)ボタンパンチスナップはぜの構造図
(4)空気調和機冷温水コイル回りの二方弁装置
(5)湯沸器排気筒の設置
(1)自動巻形エアフィルターは、フィルターの内側に巻き取られるよう気流を当てる。
(2)ダクトの拡大は15°以下、縮小は30°以下とする。
(3)ボタンパンチスナップはぜには、抜け止め防止のつめがある。
(4)空気調和機冷温水コイル回りの二方弁は、通常返り管側に設置し、行き管側にはストレーナを設ける。
(5)ガス湯沸器の排気筒には防火ダンパーを設置しない。また、排気筒はそのまま大気中に開口させる。
施工要領図5問。適切か否かを判断し、不適切なものは理由を記述。
(1)風量測定口の取付位置
(2)防火ダンパーの取付方法
(3)偏心異形継手の使い方
(4)単式伸縮継手の取付方法
(1)風量測定口は、ダクトの曲がり部からダクトの縦方向の長さの8倍以上の直線距離を確保する。
(2)防火ダンパーは、吊りボルトで堅固に取り付け、ダクトの厚さは1.5o以上とする。
(3)蒸気配管の先下がり勾配では、ドレンの流れを考慮して、下側を直線的に配管する。
(4)単式伸縮継手は、配管の片方を伸縮の起点として継手とともに固定し、もう片方をガイドの中を通して伸縮自由とする。